東京電力と東京ガスはどっちにまとめるのがお得?料金からデメリットまで徹底比較!

電気とガスは東京電力と東京ガスはどっちにまとめた方がお得なのかわからない・・・。

電気とガスをまとめるデメリットがないか気になる。

東京電力または東京ガスへまとめて乗り換えをご検討中の方に料金プランごとに料金比較とデメリットについて徹底検証しました。

この記事を読む際に下記の資料があるとより分かりやすく効果を確認できます。

  • 現在ご契約中の料金プランが分かる資料
  • 毎月の電力/ガス使用量がわかる資料

この記事で解決できる悩み

・東京電力と東京ガスのどちらにまとめた方が安い?

・東京電力と東京ガスに電気とガスをまとめるデメリットは?

本記事の要約

東京電力へまとめた方がお得な場合
都市ガス:東京ガス「一般料金」、「ずっともガス」、「暖らんプラン」をご利用中のご家庭

※電気料金は東京ガスの方が安くなります。
電気の使用量が多いご家庭は東京ガスへまとめた方がお得になりますので、事前によくご確認ください。

東京ガスへまとめた方がお得な場合
電気:使用量にかかわらず東京ガスの方が安くなります。
都市ガス:東京ガス「エコウィル発電エコぷらん」、「エネファーム発電エコぷらん」をご利用中のご家庭

➡詳しくは本記事の「東京電力と東京ガスの料金比較」をご確認ください

東京電力と東京ガスへ電気とガスをセットで乗り換えた時のデメリット
⇒オール電化住宅は東京ガスへの乗り換えは推奨されていません
⇒東京電力の都市ガスは「東京地区等」以外は乗り換えができません
⇒新電力会社から乗り換える場合、料金が高くなる場合がある

東京電力と東京ガスの基本情報

東京電力と東京ガスの基本情報

東京電力と東京ガスの料金プラン

電気料金プラン

東京電力と東京ガスが提供する電気料金プランは以下のとおりです。

東京電力の料金プラン名ご利用想定ユーザー
従量電灯B一般家庭向けの料金プラン
スタンダードS一般家庭向けの料金プラン
プレミアムS電気の使用量が多いご家庭向けの料金プラン
アクアエナジー100水力発電100%の電気
東京ガスの料金プラン名ご利用想定ユーザー
基本プラン一般家庭向けの料金プラン

都市ガス料金プラン

東京電力と東京ガスが提供する都市ガス料金プランは以下のとおりです。

東京電力の料金プランご利用想定ユーザー
とくとくガスプラン一般ご家庭向けの料金プラン
とくとくガス床暖プランガス温水床暖房をご使用されているご家庭向けの料金プラン
東京ガスの料金プランご利用想定ユーザー
一般料金一般ご家庭、商店、飲食店向けの料金プラン
ずっともガスパッチョポイントが貯まるおトクなガス料金メニュー
暖らんぷらんガス温水床暖房をご使用されているご家庭向けの料金プラン
エコウィルで発電エコプランエコウィルをご使用されているご家庭向けの料金プラン
エネファームで発電エコプランエネファームをご使用されているご家庭向けの料金プラン

東京電力と東京ガスのキャンペーン・割引情報

キャンペーン

東京電力のキャンペーン
  • Webからの申し込みで任意のポイントを最大1,000ポイントをプレゼント
東京ガスのキャンペーン
  • 東京ガス「基本プラン」へ新規申込で電気代基本料金が3ヵ月無料!

割引

東京電力の割引
  • 特になし。
東京ガスの割引
割引名称割引内容
ガス・電気セット割(定率B)毎月の電気料金の基本料金および電力量料金の合計額(税込)から、
当該合計額に0.5%割引
割引名称対象料金プラン割引内容
バス暖割エネファームで発電エコぷらんガス温水浴室暖房乾燥機をご使用されている場合、3%割引
床暖割エネファームで発電エコぷらんガス温水床暖房をご使用されている場合、冬季の間10%割引
セット割エネファームで発電エコぷらんガス温水浴室暖房乾燥機とガス温水床暖房をご使用されている場合、
冬季の間13%割引、その他期間は3%割引

その他特典

東京電力の特典
  • 「くらしTEPCO web」にログインすると毎月最大50ポイントプレゼント
  • 生活トラブル(電気設備、水回り)などの応急処置が無料になる「生活かけつけサービス」が可能になる
東京ガスの特典
料金プラン特典内容
ずっともガスガス料金1,000円につき「パッチョポイント」が5ポイント貯まる

東京電力または東京ガスに電気とガスをセットでまとめた場合の料金比較

東京電力または東京ガスに電気とガスをセットでまとめた場合の料金比較

東京電力または東京ガスへ電気とガスをセットでまとめた場合の料金を料金プラン別に比較しました。

東京電力と東京ガスの電気料金の比較結果

東京電力と東京ガスの料金プラン別の乗り換え目安は以下の通りです。

電気料金の比較結果

毎月の電気使用量にかかわらず、東京ガスの方が料金が安くなります。

東京電力料金プラン契約容量:10A契約容量:15A契約容量:20A契約容量:30A契約容量:40A契約容量:50A契約容量:60A
従量電灯B東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
スタンダードS東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
プレミアムS東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
アクアエナジー100東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
東京ガスの方が
料金が安くなります
※各種割引、ポイント、燃料調整額は計算に含まれておりません。

▼具体的なの料金比較記事はコチラ!▼

東京電力と東京ガスの都市ガス料金の比較結果

東京電力と東京ガスの料金プラン別の乗り換え目安は以下の通りです。

都市ガス料金の比較結果

・東京ガス「一般料金」、「ずっともガス料金」、「暖らんプラン」よりも東京電力の方が料金が安くなります。
・東京ガス「エコウィルで発電エコぷらん」、「エネファームで発電エコぷらん」、は中部電力の都市ガスよりも安くなる場合があります。

東京ガス
料金プラン
東京電力「とくとくガスプラン」
との料金比較
東京電力「とくとくガス床暖プラン」
との料金比較
一般料金東京電力の方が料金が安くなります。
ずっともガス東京電力の方が料金が安くなります。
暖らんぷらん35mm3/月以下の場合、
東京電力の方が料金が安くなります。
東京電力の方が料金が安くなります。
エコウィルで発電エコぷらん35mm3/月以下の場合、
東京電力の方が料金が安くなります。
エネファームで発電エコぷらん25mm3/月以下の場合、
東京電力の方が料金が安くなります。
※各種割引、ポイント、原料費調整単価は計算に含まれておりません。

▼具体的なの料金比較記事はコチラ!▼

東京電力または東京ガスに電気とガスをセットでまとめた場合のデメリット

東京電力または東京ガスに電気とガスをセットでまとめた場合のデメリット

東京電力と東京ガスへ電気と都市ガスをまとめる際、以下のデメリットに注意が必要です。

東京電力または東京ガスへまとめるデメリット

・オール電化住宅は東京ガスへの乗り換えは推奨されていません
・東京電力の都市ガスは「東京地区等」以外は乗り換えができません
・新電力会社から乗り換える場合、料金が高くなる場合がある

オール電化住宅は東京ガスへの乗り換えは推奨されていません

東京ガス「基本プラン」は24時間電気料金が定額の料金プランです。

一般的なオール電化のご家庭の場合、夜間の電気料金が安く設定されています。

エコキュートなど夜間に多くの電力を使用するオール電化の場合、東京ガスへ乗り換えると電気料金が高くなる場合がありますので、よくご確認ください。

東京電力の都市ガスは「東京地区等」以外は乗り換えができません

東京電力は東京ガスの都市ガス供給エリアの中でも「群馬地区」、「群馬南地区」「東彩ガス地区」、「東日本ガス地区」、「日本瓦斯真岡地区」の方は乗り換えができません。

エリア東京ガス東京電力
東京地区等
群馬地区×
群馬南地区×
東彩ガス地区×
東日本ガス地区×
日本瓦斯真岡地区×

新電力会社から乗り換える場合、料金が高くなる場合がある

「楽天でんき」、「auでんき」をはじめとする新電力各社も東京電力/東京ガスエリアで電気とガスをセットで提供する会社があります。

これらの新電力会社から東京電力または東京ガスへ乗り換える場合は料金が高くなる可能性がありますのでよく確認が必要です。

電気の乗り換え乗り換え情報はコチラ!
東京電力「従量電灯B」と新電力18社の料金比較
東京電力「スタンダードS」と新電力18社の料金比較
東京電力「プレミアムS」と新電力18社の料金比較
東京電力「アクアエナジー100」と新電力18社の料金比較
都市ガスの乗り換え情報はコチラ!
東京ガスエリアの都市ガス17社の料金比較

東京電力と東京ガスはどっちにまとめるのがお得?料金比較とデメリットまとめ

東京電力と東京ガスはどっちにまとめるのがお得?料金比較とデメリットまとめ

東京電力と東京ガスに電気と都市ガスをまとめる際の目安は以下のとおりです。

電気料金の比較結果

毎月の電気使用量にかかわらず、東京ガスの方が料金が安くなります。

都市ガス料金の比較結果

・東京ガス「一般料金」、「ずっともガス料金」、「暖らんプラン」よりも東京電力の方が料金が安くなります。
・東京ガス「エコウィルで発電エコぷらん」、「エネファームで発電エコぷらん」、は中部電力の都市ガスよりも安くなる場合があります。

また、東京電力、東京ガスへまとめる前にデメリットも確認したうえで乗り換えをご検討ください。

東京電力または東京ガスへまとめるデメリット

・オール電化住宅は東京ガスへの乗り換えは推奨されていません
・東京電力の都市ガスは「東京地区等」以外は乗り換えができません
・新電力会社から乗り換える場合、料金が高くなる場合がある

供給される電気・ガスの品質はそのままに会社を変えるだけで毎月の固定費削減になる中部電力、東邦ガスへの申し込みは東京電力公式サイトまたは東京ガス公式サイト より可能です。

当サイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。

当サイトに記載のない電力会社との料金比較でお困りの方はお気軽に問い合わせフォームよりご連絡ください。

当サイトにて記事として乗り換え効果を公開させて頂きます。

コメント