四国電力と新日本エネルギーを徹底比較!料金から3つのデメリットまで完全網羅!

2023年1月更新!
2023年4月以降の四国電力「従量電灯A」の料金改定内容を反映しました。
⇒四国電力の料金改定に関する詳細はコチラ

四国電力から新日本エネルギーへ乗り換えたいけどお得なのかわからない・・・。

新日本エネルギーに乗り換える前にデメリットをしっかり確認しておきたい・・・。

四国電力から新日本エネルギーへ乗り換えをご検討中の方に料金プランごと、電力使用量ごとにの料金比較とデメリットについて徹底検証しました。

また、四国電力から新日本エネルギーへ乗り換える前に知っておきたいデメリットもまとめましたので、ぜひご確認ください。

この記事を読む際に下記の資料があるとより分かりやすく効果を確認できます。

  • 現在ご契約中の料金プランが分かる資料
  • 毎月の電力使用量がわかる資料

※本記事は最大需要容量6KVA未満までのご家庭向け料金プランの比較を実施しております。

この記事で解決できる悩み

・四国電力から新日本エネルギーへ乗り換えると電気料金が安くなる?

・四国電力から新日本エネルギーへ乗り換えた時のデメリットは?

本記事の要約

四国電力から新日本エネルギーへ乗り換えた場合、電気料金が高くなります。
[乗り換え目安]
⇒従量電灯Aから乗り換え:590kWh/月以上(2023年4月以降は電力使用量にかかわらず料金が安くなります。)
⇒おトクeプランから乗り換え:電気料金が高くなります
⇒再エネプレミアムプラン:60~290kWh/月以外
➡詳しくは本記事の「四国電力と新日本エネルギーの料金比較」をご確認ください。

四国電力から新日本エネルギーへ乗り換え時のデメリット
⇒オール電化の乗り換えは推奨されていません
⇒都市ガスとのセットプランがありません
⇒解約時に解約手数料が発生します

電気料金の計算方法について正しく理解することで乗り換え検討がスムーズになります。

電気料金の比較には「基本料金」と「電力量料金」、「割引」の比較が大切です。
その理由についてはこちらの記事をご確認ください。
【5分でわかる!】電気料の計算方法を簡単解説!

新日本エネルギーの基本情報

「新日本エネルギー」は2019年5月よりサービスを開始した株式会社NEXT ONEが提供する電力小売りサービスです。

新日本エネルギーの特徴

・・支払方法が「クレジットカード」、「口座振替」、「請求書によるコンビニ払い」から選択可能

新日本エネルギーの料金プラン

新日本エネルギーが提供する料金プランと料金体系(税込み)は以下のとおりです。

料金プラン名ご利用想定ユーザー
新ネクストバリュープラン電灯A一般的なご家庭むけの料金プランです。
区分 単位 新ネクストバリュープラン電灯A
最低料金(最初の11kWhまで) 1契約 397.26
電力量料金 1kWhごと 26.99

新日本エネルギーのキャンペーン・割引情報

キャンペーン

  • 特になし

割引

  • 特になし

その他特典

  • 特になし

四国電力と新日本エネルギーの料金比較結果

四国電力と新日本エネルギーの料金比較
※各種割引、ポイント、燃料調整額は計算に含まれておりません。

四国電力と新日本エネルギーの料金を料金プラン別に比較しました。詳しくは各プラン別の項目をご確認ください。

四国電力から新日本エネルギーへの乗り換えた場合、電力使用量にかかわらず電気料金が高くなります。

四国電力
料金プラン
新日本エネルギー「新ネクストバリュープラン電灯A」
との料金比較
従量電灯A590kWh/月以上の場合、
料金が安くなります
※2023年4月以降は電力使用量にかかわらず料金が安くなります。
おトクeプラン料金が高くなります
再エネプレミアムプラン60~290kWh/月以外の場合、
料金が安くなります
※各種割引、ポイント、燃料調整額は計算に含まれておりません。

四国電力「従量電灯A」との料金比較

四国電力「従量電灯A」と新日本エネルギー「新ネクストバリュープラン電灯A」の料金比較をした結果、590kWh/月以上の場合、新日本エネルギーへ乗り換えることで電気料金が安くなります。

2023年4月以降は毎月の電力使用量にかかわらず料金が安くなります。

電力使用量
[kWh/月]
【2023年4月まで】
新日本エネルギー乗り換え時の料金差額
[円/月]
【2023年4月以降】
新日本エネルギー乗り換え時の料金差額
[円/月]
100+872円-231円
200+1,004円-1,202円
300+1,004円-2,305円
400+653円-3,759円
500+302円-5,213円
600-49円-6,667円
※各種割引、ポイント、燃料調整額は計算に含まれておりません。
新日本エネルギー以外の新電力も検討中の方は必見!
新日本エネルギーは他の新電力と比べてどれだけ安い?
料金の違い、キャンペーン・割引の違いなど細かく比較したい方は四国電力「従量電灯A」と新電力15社の乗り換え比較をご確認ください。

四国電力「おトクeプラン」との料金比較

四国電力「おトクeプラン」と新日本エネルギー「新ネクストバリュープラン電灯A」の料金比較をした結果、毎月の電力使用量にかかわらず新日本エネルギーへ乗り換えることで電気料金が高くなります。

2023年4月以降も「おトクeプラン」は料金が変わりません。

電力使用量
[kWh/月]
新日本エネルギー乗り換え時の料金差額
[円/月]
100+872円
200+1,004円
300+1,004円
400+873円
500+742円
600+611円
※各種割引、ポイント、燃料調整額は計算に含まれておりません。
新日本エネルギー以外の新電力も検討中の方は必見!
新日本エネルギーは他の新電力と比べてどれだけ安い?
料金の違い、キャンペーン・割引の違いなど細かく比較したい方は四国電力「おトクeプラン」と新電力15社の乗り換え比較をご確認ください。

四国電力「再エネプレミアムプラン」との料金比較

四国電力「再エネプレミアムプラン」と新日本エネルギー「新ネクストバリュープラン電灯A」の料金比較をした結果、60~290kWh/月以外の場合、新日本エネルギーへ乗り換えることで電気料金が安くなります。

2023年4月以降も「再エネプレミアムプラン」は料金が変わりません。

電力使用量
[kWh/月]
新日本エネルギー乗り換え時の料金差額
[円/月]
100+265円
200+177円
300-43円
400-614
500-1,185円
600-1,756円
※各種割引、ポイント、燃料調整額は計算に含まれておりません。
新日本エネルギー以外の新電力も検討中の方は必見!
新日本エネルギーは他の新電力と比べてどれだけ安い?
料金の違い、キャンペーン・割引の違いなど細かく比較したい方は四国電力「再エネプレミアムプラン」と新電力15社の乗り換え比較をご確認ください。

四国電力と新日本エネルギーを比較して分かった3つのデメリット

四国電力と新日本エネルギーを比較して分かった3つのデメリット

四国電力から新日本エネルギーへ乗り換える際、乗り換え前に確認しておきべきデメリットがあります。

新日本エネルギーのデメリット

・オール電化の乗り換えは推奨されていません
・都市ガスとのセットプランがありません
・解約時に解約手数料が発生します

オール電化家庭の乗り換えは推奨されていません

新日本エネルギー「新ネクストバリュープラン電灯A」は24時間電気料金が定額の料金プランです。

一般的なオール電化のご家庭の場合、夜間の電気料金が安く設定されています。

エコキュートなど夜間に多くの電力を使用するオール電化の場合、新日本エネルギーへ乗り換えると電気料金が高くなる場合がありますので、よくご確認ください。

都市ガスのセットプランがありません

新日本エネルギーは都市ガスの供給を実施しておりません。

したがって、電気と都市ガスをセットでご契約しているご家庭は、新日本エネルギーへ乗り換えた際、ガスも含めてトータルで料金が安くなるのかよく検討が必要です。

解約時に解約手数料が発生します

新日本エネルギーは更新月(供給開始月から起算して36ヶ月目とその翌月)以外に解約する際には以下の解約手数料が発生します。

  •  新規契約から1年以内の解約 22,000円(税込)
  •  2年目以降で更新月以外の解約 9,900円(税込)

新日本エネルギーはWebから簡単に申し込み可能!

新日本エネルギーの申し込み方法

新日本エネルギーの申し込みは24時間受付中の新日本エネルギー公式サイト から申し込み可能です。

申し込みに必要な検針票を用意し必要事項を入力するだけで申し込みが完了します。

申し込みに必要なもの
・現在契約中の電力会社の検針票
・支払いに使用するクレジットカードまたは銀行口座通帳

こんな疑問も大丈夫!

・現在契約中の電力会社の解約手続きは不要
・乗り換えにかかる費用は無料
・スマートメーターがなくても設置は原則無料。取り換え時の準備や立ち合いも不要
・申込完了後、次回もしくは次々回の検針日から供給が切り替わります。
➡その他の新電力乗り換えに関する疑問は「消費者庁 電力小売全面自由化に関する注意喚起-よくある5つの誤解[PDF:219 KB]」をご確認ください。

四国電力と新日本エネルギーの料金比較とデメリットまとめ

四国電力と新日本エネルギーの料金比較とデメリットまとめ

四国電力と新日本エネルギーの料金を料金プラン別に比較した結果、以下の表のとおりになります。

四国電力から新日本エネルギーへの乗り換えた場合、電力使用量にかかわらず電気料金が高くなります。

四国電力
料金プラン
新日本エネルギー「新ネクストバリュープラン電灯A」
との料金比較
従量電灯A590kWh/月以上の場合、
料金が安くなります
※2023年4月以降は電力使用量にかかわらず料金が安くなります。
おトクeプラン料金が高くなります
再エネプレミアムプラン60~290kWh/月以外の場合、
料金が安くなります
※各種割引、ポイント、燃料調整額は計算に含まれておりません。

また、四国電力から新日本エネルギーへの乗り換え検討時には料金以外にもデメリットをご確認のうえ申し込みをしましょう。

新日本エネルギーのデメリット

・オール電化の乗り換えは推奨されていません
・都市ガスとのセットプランがありません
・解約時に解約手数料が発生します

当サイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。

当サイトに記載のない電力会社との料金比較でお困りの方はお気軽に問い合わせフォームよりご連絡ください。

当サイトにて記事として乗り換え効果を公開させて頂きます。

コメント